初戦突破を果たしたバーティ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は29日、女子シングルス1回戦が行われ、第1シードのA・バーティ(オーストラリア)が世界ランク138位のC・スアレス・ナバロ(スペイン)を6-1,6-7 (1-7),6-1のフルセットで破り、3度目の初戦突破を果たした。

>>錦織らウィンブルドン対戦表<<

>>錦織vsポピリン 1ポイント速報<<

新型コロナウイルスの感染拡大のため2019年以来2年ぶりの開催となるウィンブルドン。バーティは5月に行われた全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)の2回戦を左股関節の負傷のため途中棄権すると、芝サーフェスの大会を全てスキップ。この試合が今シーズンの芝コート初戦となった。

第1セット、バーティは6本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに93パーセントの高い確率でポイントを獲得。ブレークを許すことなく先行する。しかし、第2セットに入るとストロークのミスを連発。26本ものアンフォースドエラーを犯し、タイブレークの末にセットカウント1−1に追いつかれた。

それでも、ファイナルセットでは疲れの見えるスアレス・ナバロを攻め立て第2ゲームで先にブレーク。その後も主導権を握り続けたバーティは挽回を許すことなく1時間43分で勝利した。

ウィンブルドン初制覇を目指す世界ランク1位のバーティは2回戦で、同89位のA・ブリンコワ(ロシア)と同116位のT・バボス(ハンガリー)のどちらかと対戦する。

一方、敗れたスアレス・ナバロはウィンブルドン9度目となる初戦突破とはならなかった。

同日には第8シードのKa・プリスコバ(チェコ)、第13シードのE・メルテンス(ベルギー)、第15シードのM・サッカリ(ギリシャ)、第21シードのO・ジャバー(チュニジア)らが2回戦へ駒を進めた。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/28(月)〜7/11(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>