(左から)杉田と日比野
画像提供:ゲッティイメージズ

日本テニス協会のJTAは6月30日、男子テニスで世界ランク110位の杉田祐一と女子テニスで同85位の日比野菜緒が東京オリンピックの出場権を獲得したと発表した。

>>錦織らウィンブルドン対戦表<<

>>錦織vsトンプソン 1ポイント速報<<

杉田と日比野は2016年のリオ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)に続き2大会連続のオリンピック出場となった。

男子では世界ランク53位の錦織圭、同58位の西岡良仁、同103位のダニエル太郎がすでに出場枠を得ている。

女子では世界ランク2位の大坂なおみ、同83位の土居美咲が選出されていた。

またダブルスでは男子で錦織とマクラクラン勉、女子では青山修子と柴原瑛菜のペアが代表枠を獲得した。

現在開催されているウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では錦織、西岡、日比野が2回戦へ進出。杉田、ダニエル太郎、土居は初戦で姿を消した。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/28(月)〜7/11(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>