アシュレイ・バーティ
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は5日、女子シングルス4回戦が行われ、第1シードのA・バーティ(オーストラリア)が第14シードのB・クレチコバ(チェコ)を7-5, 6-3のストレートで破り、大会初のベスト8進出を果たした。

>>フェデラーらウィンブルドン対戦表<<

25歳のバーティはこの試合、7本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに78パーセントの確率でポイントを獲得。ブレークポイントを10本与えるも、そのうち8本をしのいだ。リターンゲームでは、4度のブレークに成功し、1時間35分で先月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を制したクレチコバを振り切った。

試合後の会見では8強入りについて「準々決勝進出という意味では、私は幸せ。興奮している。これは私にとって、1つのステップアップ」と語った。

「新しい状況、新しいシナリオになり、その脚本を楽しみにしている。何があっても楽しもうと思う。これは私の大きな夢への足がかりだと思う」

準々決勝では世界ランク73位のA・トムヤノヴィッツ(オーストラリア)と対戦する。トムヤノヴィッツは4回戦で世界ランク338位のE・ラドゥカヌ(イギリス)と対戦したが、6-4, 3-0の時点でラドゥカヌが途中棄権し準々決勝へ駒を進めている。

同日の4回戦では、第8シードのKa・プリスコバ(チェコ)、第19シードのK・ムチョバ(チェコ)、第21シードのO・ジャバー(チュニジア)、第25シードのA・ケルバー(ドイツ)らが準々決勝へ駒を進めた。

一方で、第20シードのC・ガウフ(アメリカ)や第23シードのM・キーズ(アメリカ)は4回戦で姿を消した。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/28(月)〜7/11(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>