アリナ・サバレンカ
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は5日、女子シングルス4回戦が行われ、第2シードのA・サバレンカ(ベラルーシ)が第18シードのE・リバキナ(カザフスタン)を6-3, 4-6, 6-3のフルセットで破り、四大大会初のベスト8進出を果たした。

>>バーティらウィンブルドン対戦表<<

前週のバイキング・イーストボーン国際(イギリス/イーストボーン、芝、WTA500)で8強入りしたサバレンカはこの試合、10本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに67パーセントの確率でポイントを獲得。リターンゲームでは5度のブレークに成功し、1時間49分で勝利した。

会見でサバレンカは「準々決勝への壁を破れたのは本当に幸せ。これが最終目標ではないけど、今は満足している。でも明日は別の試合で、集中していく」と語った。

準々決勝では第21シードのO・ジャバー(チュニジア)と対戦する。ジャバーは4回戦で第7シードのI・シフィオンテク(ポーランド)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日の4回戦では、第1シードのA・バーティ(オーストラリア)、第8シードのKa・プリスコバ(チェコ)、第19シードのK・ムチョバ(チェコ)、第25シードのA・ケルバー(ドイツ)らが準々決勝へ駒を進めた。一方で、第20シードのC・ガウフ(アメリカ)や第23シードのM・キーズ(アメリカ)は姿を消した。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/28(月)〜7/11(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>