決勝へ進出したジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は9日、男子シングルス準決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第10シードのD・シャポバロフ(カナダ)を7-6 (7-3), 7-5, 7-5のストレートで破り、2019年以来2年ぶり7度目の決勝進出を果たした。

>>ジョコビッチvsベレッティーニ 1ポイント速報<<

大会3連覇で6度目の優勝を狙うジョコビッチはこの試合、第3ゲームで先にブレークを許す。第10ゲームではシャポバロフにサービング・フォー・ザ・セットを握られるも取り返し、タイブレークを制してセットを先取する。

第2セットでは第4ゲームで0−40からサービスゲームをキープしピンチを切り抜ける。その後フォアハンドウィナーを決めるなどして第10ゲームから3ゲームを連取する。セットを獲得し、勝利まであと1セットとする。

続く第3セット、第2ゲームで再びブレークポイントを握られるも、ここをしのいでキープする。互いにサービスゲームをキープする展開になるも、ジョコビッチがシャポバロフからミスを引き出して再び第10ゲームから3ゲームを連取して勝利し、グランドスラム歴代最多タイ20度目のタイトル獲得に王手をかけた。

決勝では第7シードのM・ベレッティーニ(イタリア)と対戦する。ベレッティーニは準決勝で第14シードのH・フルカチュ(ポーランド)を下しての勝ち上がり。

一方敗れたシャポバロフは、四大大会初の決勝進出とはならなかった。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/28(月)〜7/11(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>