全仏オープンでの大坂なおみ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスの7月19日付WTA世界ランキングが発表され、大坂なおみは前回と変わらず2位となった。

大坂は全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)の2回戦を前に棄権を発表。その後は四大大会初制覇を成し遂げた2018年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)以降 うつ状態になっていたことを告白し、ツアーから離脱した。

その後はウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)にも出場せず、24日に開幕する東京オリンピック(日本/東京、ハード)へ照準を合わせている。

そのほか上位陣では、前週のプラハ・オープン(チェコ/ プラハ、ハード、WTA250)を制したB・クレチコバ(チェコ)が2つ上げ11位となり自己最高を記録している。

7月19日付の女子WTA世界ランキング トップ10は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ] A・バーティ(オーストラリア)
9,635ポイント(9,635ポイント)

■2位[ - ] 大坂なおみ
7,336ポイント(7,336ポイント)

■3位[ - ] A・サバレンカ(ベラルーシ)
6,965ポイント(6,965ポイント)

■4位[ - ] S・ケニン(アメリカ)
5,640ポイント(5,640ポイント)

■5位[ - ] B・アンドレースク(カナダ)
5,331ポイント(5,331ポイント)

■6位[ - ] E・スイトリナ(ウクライナ)
5,125ポイント(5,125ポイント)

■7位[ - ] Ka・プリスコバ(チェコ)
4,975ポイント(4,975ポイント)

■8位[ - ] I・シフィオンテク(ポーランド)
4,695ポイント(4,695ポイント)

■10位[ ↓1 ] S・ハレプ(ルーマニア)
4,115ポイント(4,330ポイント)

■9位[ ↑1 ] G・ムグルサ(スペイン)
4,165ポイント(4,165ポイント)