ウィンブルドンのメドベージェフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク2位のD・メドベージェフ(ロシア)は19日に自身のSNSを更新。東京オリンピック(日本/東京、ハード)に向けて準備を進めており、「最初の練習が終了!」と投稿している。

>>錦織 五輪「出し切りたい」<<

この投稿には世界ランク25位のK・ハチャノフ(ロシア)とジル・セルバラ コーチと共に撮影された写真が添えられた。

11日にN・ジョコビッチ(セルビア)の優勝で幕を閉じたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でベスト16に進出したメドベージェフ。今年2月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、 ハード)では決勝でジョコビッチに敗れたものの、2019年9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、 グランドスラム)以来 約1年5カ月ぶりの四大大会準優勝を果たした。

また、24日より開幕する東京オリンピックのテニス競技にはロシア代表の男子選手として、世界ランク7位のA・ルブレフ(ロシア)、同24位のA・カラツェフ(ロシア)、同25位のK・ハチャノフが出場する。

【ROC(ロシアオリンピック委員会)】
男子シングルス:D・メドベージェフ、A・ルブレフ、A・カラツェフ、K・ハチャノフ
女子シングルス:A・パブリュチェンコワ(ロシア)、V・クデルメトバ(ロシア)、E・アレクサンドロワ(ロシア)、E・ヴェスニナ(ロシア)
男子ダブルス:A・カラツェフ/ D・メドベージェフ、K・ハチャノフ/ A・ルブレフ
女子ダブルス:V・クデルメトバ/ E・ヴェスニナ