初戦突破を果たした大坂
画像提供:ゲッティイメージズ

東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)は25日、テニスの女子シングルス1回戦が行われ、第2シードの大坂なおみが世界ランク52位のゼン・サイサイ(中国)を6-1,6-4のストレートで破ってオリンピック初白星をあげ、メダル獲得に向けて好スタートを切った。

>>錦織、大坂ら東京オリンピック対戦表<<

>>大坂vsゴルビッチ 1ポイント速報<<

オリンピック初出場となった大坂。この日の序盤は連続してサービスエースを決めるなどで主導権を握ると第2ゲームで先にブレークに成功する。その後もストローク戦で圧倒し5ゲームを連取して第1セットを先取した。

第2セットでも強烈なサービスとフォアハンドでリズムを握った大坂は、リターンエースを決めるなどで第3ゲームでブレークを奪うと、試合を通して1度もブレークを許すことなく完勝した。

2回戦では世界ランク50位のV・ゴルビッチ(スイス)と対戦する。ゴルビッチは1回戦で同79位のM・オソリオ セラーノ(コロンビア)をストレートで下しての勝ち上がり。

23歳の大坂は今大会が5月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)以来 約2カ月ぶりの公式戦。全仏オープンでは1回戦に勝利したものの2回戦を前に棄権し、四大大会初制覇を達成した2018年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)以降うつ病に悩まされていたと公表しツアーを離脱していた。