アンディ・マレー
画像提供:ゲッティイメージズ

東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)は25日、男子シングルス元世界ランク1位のA・マレー(イギリス)がシングルスを欠場すると発表した。

>>錦織ら東京オリンピック対戦表<<

>>錦織vsルブレフ 1ポイント速報<<

マレーは2012年のロンドン・オリンピック(イギリス/ロンドン、芝)と2016年のリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で優勝。今大会でオリンピック3連覇を狙っていた。

東京オリンピックは公式サイトでマレーのコメントを掲載し「欠場はすごく残念だけれど、医療スタッフがシングルスとダブルスの両方をプレーすることに反対した。とても難しい決断だけれども、ダブルスに集中する」と明かした。

マレーはJ・ソールズベリー(イギリス)との男子ダブルスは継続して出場する。2回戦ではK・クラビーツ(ドイツ)/ T・ポイツ(ドイツ)と対戦する。

マレーの棄権により1回戦で対戦予定だった第9シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)が2回戦へ進出。2回戦では世界ランク57位のD・コプファーと同80位のF・バグニス(アルゼンチン)の勝者と顔を合わせる。