エリーナ・スイトリナ
画像提供:ゲッティ イメージズ

国際テニス連盟のITFは28日に公式サイトで、現在開催中の東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)女子シングルスでベスト4進出を果たした第4シードのE・スイトリナ(ウクライナ)のコメントを掲載した。

>>錦織vsジョコビッチ 1ポイント速報<<

>>錦織ら東京オリンピック対戦表<<

酷暑の中、準々決勝で世界ランク61位のC・ジョルジ(イタリア)をストレートで下したスイトリナは「3回の3セットマッチを戦った後はたくさんの治療を行い、今日(準々決勝)のために体を整えていた」と語った。

メダル獲得がかかる準決勝でスイトリナは、世界ランク42位のM・ボンドロウソワ(チェコ)と対戦する。ボンドロウソワは準々決勝で同29位のP・バドサ(スペイン)の途中棄権により4強へ駒を進めている。

スイトリナは「ワクワクしているけど、あまり考えすぎないようにする。自分自身、ゲーム、回復に集中し、明日(準決勝)に備えることが目標」と意気込んだ。