ベスト4へ進出したハチャノフ
画像提供:ゲッティイメージズ

東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)は29日、男子シングルス準々決勝が行われ、第12シードのK・ハチャノフ(ロシア)が第14シードのU・アンベール(フランス)を7-6 (7-4), 4-6, 6-3のフルセットで下し、ベスト4進出を果たした。

>>錦織ら東京オリンピック対戦表<<

>>錦織vsジョコビッチ 1ポイント速報<<

オリンピック初出場のハチャノフは第1セット、アンベールと激しいラリー戦を繰り広げて互いにサービスゲームをキープ。タイブレークまでもつれると、ハチャノフがフォアハンドウィナーを決めるなどしてリードし、セットを先取する。

第2セットでは第1ゲームでサービスゲームをキープすることができず、この試合両者を通じて初のブレークとなる。そのまま第2セットを取られ追いつかれるも、ファイナルセットではハチャノフが第4ゲームをブレーク。リードを守り切って勝利し、メダル獲得が確定する決勝へ王手をかけた。

準決勝では第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)と第6シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)の勝者と決勝進出を争う。

同日には第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と世界ランク69位の錦織圭、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)と同68位のJ・シャルディ(フランス)の準々決勝が行われる。