(左から)錦織圭とサム・クエリー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は2日の日程を発表し、世界ランク69位の錦織圭と同70位のS・クエリー(アメリカ)の1回戦がスタジアム・コートの第3試合に組まれた。

>>錦織vsクエリー 1ポイント速報<<

>>錦織らシティOP対戦表<<

両者は11度目の対戦で、錦織の6勝4敗。最後に顔を合わせたのは2018年のロレックス・上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)3回戦で、その時は錦織がストレートで勝利している。

錦織は1日にテニス競技が閉幕した東京オリンピック(日本/東京、ハード)でベスト8へ進出したが、準々決勝で世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に完敗を喫した。

これまでのシティ・オープンで錦織は2015年に優勝している。

8月2日に開幕する今大会の第1シードはR・ナダル(スペイン)、第2シードはF・オジェ アリアシム(カナダ)、第3シードはA・デ ミノー(オーストラリア)、第4シードはG・ディミトロフ(ブルガリア)、第5シードはJ・シナー(イタリア)、第6シードはD・エヴァンス(イギリス)、第7シードはC・ノリー(イギリス)、第8シードはR・オペルカ(アメリカ)。シード勢は1回戦免除のため、2回戦からの登場。

その他の日本勢では、世界ランク57位の西岡良仁が同201位のJ・ソック(アメリカ)、同120位の内山靖崇が同87位のA・セッピ(イタリア)との1回戦に臨む。