初戦突破のステファノ・チチパス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は18日、シングルス2回戦が行われ、第2シードのS・チチパス(ギリシャ)が世界ランク45位のS・コルダ(アメリカ)を7-6 (7-5), 6-3のストレートで破り、初戦突破を果たした。試合後には「厳しい状況になったとき僕は我慢した。細かいところで勝負がついたと思う」と振り返った。

>>大坂らシンシナティ対戦表<<

>>大坂 なおみvsタイシュマン 1ポイント速報<<

この試合、ファーストサービスが入った時に89パーセントの高い確率でポイントを獲得したチチパスは1度もブレークを許さず。リターンゲームでは2度のブレークに成功し、1時間39分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトはチチパスのコメントを掲載し「彼(コルダ)は最近、調子がいい選手だ。困難なチャレンジが待っていると思った」と語った。

「難しい状況にあっても自分の力を最大限に発揮し、粘り強くプレーできた。重要な場面でも解決策を見つけて、できるだけ多くのプレッシャーを相手にかける方法を考えていた。それが今日の重要な要素だった」

勝利したチチパスは3回戦で世界ランク27位のL・ソネゴ(イタリア)と対戦する。ソネゴは2回戦で同56位のT・ポール(アメリカ)を7-6 (11-9), 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

ソネゴについてチチパスは「彼(ソネゴ)は情熱的な選手で出場する全ての試合で、自分のベストを尽くしている。 もちろん、僕は今週対戦するどんな相手に対しても、解決策を見つけようとする」と述べた。

同日には、第1シードのD・メドベージェフ(ロシア)、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第4シードのA・ルブレフ(ロシア)、第7シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)、第8シードのC・ルード(ノルウェー)、第9シードのH・フルカチュ(ポーランド)、第10シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第12シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)らが3回戦に駒を進めた。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 シンシナティ
8/15(日)〜8/22(日)
WOWOWオンデマンドで配信!
全米オープンテニス
8/30(月)〜9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>