ウィンブルドンでの日比野菜緒
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのシカゴ女子オープン(アメリカ/シカゴ、ハード、WTA250)は22日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク71位の日比野菜緒は同58位のA・ヴァン=ウィットバンク(ベルギー)に1-6, 3-6のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

>>YouTube【清水 悠太】と対決 安定感抜群のストローク披露、インタビュー後編<<

>>YouTube【清水 悠太】ラケバ公開、錦織 圭からの助言とは。インタビュー前編<<

この試合、サービスゲームで7度のブレークチャンスを与え、6度のブレークを許した日比野。リターンゲームでは2度のブレークに成功するも1時間9分で力尽きた。

勝利したヴァン=ウィットバンクは2回戦で第5シードのM・ボンドロウソワ(チェコ)と対戦する。ボンドロウソワは1回戦で世界ランク467位のQ・グリーソン(アメリカ)を6-2, 6-0のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には、第6シードのV・ゴルビッチ(スイス)、第7シードのK・ムラデノビッチ(フランス)、第9シードのA・コルネ(フランス)、世界ランク80位のF・フェロ(フランス)、同106位のA・ボグダン(ルーマニア)が2回戦に駒を進めている。

また、前日に行われた1回戦で世界ランク96位の土居美咲が同98位のJ・パオリーニ(イタリア)に4-6, 2-6のストレートで敗戦。予選決勝に進出していた同903位の二宮真琴も3-6, 1-6のストレートでQ・グリーソンに敗れ、本戦出場を逃したため、シングルスの日本勢は全滅となった。

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)〜9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>