アトランタOPでのラオニッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

30日に開幕する全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は25日、世界ランク34位のM・ラオニッチ(カナダ)が右足の負傷で欠場すると発表した。

>>YouTube【清水 悠太】と対決 安定感抜群のストローク披露、インタビュー後編<<

>>YouTube【清水 悠太】ラケバ公開、錦織 圭からの助言とは。インタビュー前編<<

30歳で元世界ランク3位のラオニッチは今季、2月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)と3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)でベスト16に進出。

しかしその後はふくらはぎの負傷によりツアーを離脱すると、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)などを含む全ての大会を欠場した。7月のトゥルイスト・アトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)で約4カ月ぶりに復帰するも、初戦で敗れていた。

ラオニッチは全米オープンでこれまで、2012年から2014年の3年間と2018年に16強入りを果たしている。

全米オープンにはその他にも世界ランク5位のR・ナダル(スペイン)や同6位のD・ティーム(オーストリア)、同9位のR・フェデラー(スイス)、同31位のS・ワウリンカ(スイス)らが欠場を発表している。

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)〜9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>