イリヤ・イヴァシカ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのウィンストン・セーラム・オープン(アメリカ/ウィンストン・セーラム、ハード、ATP250)は26日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク63位のI・イヴァシカ(ベラルーシ)が第1シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)を7-6 (7-2), 6-3のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。

>>錦織ら全米OP対戦表<<

>>錦織vsカルーソ 1ポイント速報<<

この日のイヴァシカは11本のサービスエースを決めて、ファーストサービスが入ったときに86パーセントの高い確率でポイントを獲得。2度のブレークに成功して1時間27分で勝利し、ツアー初の決勝進出へ王手をかけた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトはイヴァシカのコメントを掲載し「カレノ=ブスタは第1シードだったからプレッシャーがあったと思う。けど僕にとっては自分のレベルを確かめるための良いチャレンジだった。競い合うことができたから、僕にとっては素晴らしい試合だった」と語った。

準々決勝では世界ランク76位のE・ルースボリ(フィンランド)と対戦する。ルースボリは準々決勝で第14シードのR・ガスケ(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には世界ランク90位のM・イメル(スウェーデン)が第13シードのF・ティアフォー(アメリカ)を逆転で下し4強へ駒を進めた。

またイヴァシカは30日に開幕するテニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に出場。1回戦で世界ランク91位のT・サングレン(アメリカ)と顔を合わせる。

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)〜9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>