ナショナル・バンクOPのスイトリナ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのシカゴ女子オープン(アメリカ/シカゴ、ハード、WTA250)は28日、シングルス決勝が行われ、第1シードのE・スイトリナ(ウクライナ)が第9シードのA・コルネ(フランス)を7-5, 6-4のストレートで下し、今季初優勝を飾った。試合後には「ここでの1週間は良いものだった」と振り返った。

>>錦織 圭 直筆サイングッズ当たるキャンペーン実施中<<

>>錦織ら 全米OP対戦表<<

>>錦織vsカルーソ 1ポイント速報<<

この試合、ファーストサービスが入った時に61パーセントの確率でポイントを獲得したスイトリナ。リターンゲームでは3度のダブルフォルトを犯したコルネから6度のブレークに成功し、2時間2分で勝利した。

女子テニス協会のWTAは公式サイトでスイトリナのコメントを掲載し「最後の数日間は厳しいコンディションだったが、最終的にはトロフィーを手にすることができてとても嬉しい。いい気分ね。いい試合をして自信をつけるためにここに来たけど、結果的によかった。ニューヨークに行くのが楽しみね」と語った。

「彼女(コルネ)との対戦は決して簡単ではない。彼女は素晴らしい選手で多くのボールを返してくる。さらに、対戦相手だけでなく、コンディションとの戦いにもなった。だから、賢く戦わなければならなかった」

スイトリナは今後、30日に開幕する全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に出場。1回戦では世界ランク175位のR・マリーノ(カナダ)と対戦する。

一方、敗れたコルネは今季初優勝とはならなかった。

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)〜9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>