初戦敗退となった杉田祐一
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会初日の30日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク131位の杉田祐一は第8シードのC・ルード(ノルウェー)に3-6,2-6,2-6のストレートで敗れ、2017年以来4年ぶり2度目の初戦突破とはならなかった。

>>錦織 圭 直筆サイングッズ当たるキャンペーン実施中<<

>>大坂vsブズコバ 1ポイント速報<<

>>錦織ら全米OP対戦表<<

今大会、予選決勝で敗れていたもののラッキールーザーで本戦入りとなっていた杉田。この試合は序盤から22歳のルードに圧倒されると、7本のサービスエースを決められるなどブレークすることができないまま第1セットを落とした。

第2セットではブレークチャンスを握ることもできずに落とし、セットカウント0−2に追い込まれると、第3セットでもストローク戦で主導権を握ることができずに1時間48分で敗れた。

勝利したルードは2回戦で世界ランク105位のC・タベルナー(スペイン)と同117位のB・ファン・デ・ザンシュルプ(オランダ)のどちらかと対戦する。

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)〜9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>