初戦を突破した大坂なおみ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会初日の30日、女子シングルス1回戦が行われ、第3シードの大坂なおみが世界ランク87位のM・ブズコバ(チェコ)を6-4,6-1のストレートで破って6年連続6度目の初戦突破を果たした。試合後には「間違いなく緊張した。グランドスラムの1回戦は必ずナーバスになる」と明かした。

>>錦織 圭 直筆サイングッズ当たるキャンペーン実施中<<

>>大坂 なおみら全米OP対戦表<<

>>大坂vsダニロヴィッチ 1ポイント速報<<

2年連続3度目の大会制覇を狙う大坂はこの試合、ファーストサービスが入ったときに81パーセントの高い確率でポイントを獲得。34本のウィナーを決めるなどしてブズコバを圧倒し、1時間33分で快勝した。

大坂は会見で「今回はコートに入場して観客の声を実際に聞いて元気な人たちを見たとき、信じられないような感じがした。昨年は機械の音声での歓声だったから、毎回同じような声だった。でも今日は本当の反応があって、すごくよかった」と振り返った。

「私は観客たちに楽しんでもらいたいと思うタイプの選手。去年はビジネスでやっているだけの感じだったと思う。例えばすごいサーブを打とうとしたりすることはなかった。今回はまだ1試合しかやっていないけれど、みんなの声で集中が切れることもなかった」

2回戦では世界ランク145位のO・ダニロヴィッチ(セルビア)と対戦する。ダニロヴィッチは1回戦で同246位のA・パークス(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのA・サバレンカ(ベラルーシ)、第5シードのE・スイトリナ(ウクライナ)、第8シードのB・クレチコバ(チェコ)、第9シードのG・ムグルサ(スペイン)、第12シードのS・ハレプ(ルーマニア)、第18シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)、第19シードのE・リバキナ(カザフスタン)らが2回戦へ駒を進めた。

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)〜9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>