アレクサンダー・ズベレフ
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は31日、男子シングルス1回戦が行われ、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)が世界ランク78位のS・クエリー(アメリカ)を6-4, 7-5, 6-2のストレートで破り、6年連続6度目の初戦突破を果たした。

>>錦織 圭 直筆サイングッズ当たるキャンペーン実施中<<

>>錦織vsマクドナルド 1ポイント<<

>>錦織ら全米OP対戦表<<

7月の東京オリンピック(日本/東京、ハード)と8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)で優勝し現在公式戦で12連勝しているズベレフはこの試合、ファーストサービスが入ったときに90パーセントの高い確率でポイントを獲得。クエリーに1度もブレークを許さず、1時間40分で勝利した。

ズべレフは試合後に「ジョコビッチは優勝候補だが他の選手も非常に優勝に飢えていると思う」と語った。

「メドべージェフはとてもいい状態だと思う。チチパスも、トイレ休憩とかちゃんと集中すればいいプレーができると思う。そして僕もいいプレーが出来ている。2つのタイトルを獲得したし、12連勝中なんだ。ここでジョコビッチに勝つのは非常に難しいことだから、レベルを維持してさらにいいプレーができればいいだと思う」

2回戦では世界ランク48位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)と対戦する。ラモス=ヴィノラスは1回戦で同122位のL・プイユ(フランス)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第6シードのM・ベレッティーニ(イタリア)、第7シードのD・シャポバロフ(カナダ)、第10シードのH・フルカチュ(ポーランド)らが2回戦へ駒を進めた。

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)〜9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>