錦織と3回戦で対戦するジョコビッチ
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は2日、男子シングルス2回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク121位のT・フリークスポール(オランダ)を6-2, 6-3, 6-2のストレートで破った。この結果、同56位の錦織圭は3回戦で同1位のジョコビッチと対戦することが決まった。

>>錦織圭 直筆サイングッズ当たるキャンペーン実施中<<

>>錦織vsジョコビッチ 1ポイント速報<<

>>錦織ら全米OP対戦表<<

両者は20度目の顔合わせで錦織の2勝17敗。直近は東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)準々決勝で、その時はジョコビッチにストレートで敗れた。

同日の2回戦で錦織は世界ランク61位のM・マクドナルド(アメリカ)をフルセットで下しての勝ち上がり。

一方、今シーズンのジョコビッチは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の3つの四大大会で優勝。東京オリンピックでは敗戦を喫して年間ゴールデンスラムの夢が打ち砕かれるも、今大会を制すると年間グランドスラムを達成する。

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)〜9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>