(左から)柴原瑛菜と青山修子
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は3日、女子シダブルス2回戦が行われ、第3シードの青山修子/ 柴原瑛菜組は穂積絵莉/ A・ロソルスカ(ポーランド)組を7-6 (7-5), 6-2のストレートで破り、ベスト16進出を果たした。

>>錦織 圭 直筆サイングッズ当たるキャンペーン実施中<<

>>錦織vsジョコビッチ 1ポイント速報<<

>>錦織ら全米OP対戦表<<

この試合、ファーストサービスが入った時に76パーセントの確率でポイントを獲得した青山/ 柴原組。リターンゲームでは12度のブレークチャンスを得て、4度のブレークに成功し、1時間44分で勝利した。

勝利した青山/ 柴原組は3回戦で第14シードのS・ストーサー(オーストラリア)/ ザン・シュアイ(中国)組と対戦する。ストーサー/ ザンは2回戦で加藤未唯/ S・サンタマリア(アメリカ)組を6-2, 6-4で下しての勝ち上がり。

同日には土居美咲/ AL・フリードサム(ドイツ)組が1回戦でZ・ディアス(カザフスタン)/ V・グラシェバ(ロシア)に6-7 (5-7), 6-4, 2-6のフルセットで敗れたため、日本勢は青山/ 柴原組のみとなった。

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)〜9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>