3回戦で敗退したバーティ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は4日、女子シングルス3回戦が行われ、第1シードのA・バーティ(オーストラリア)は世界ランク43位のS・ロジャース(アメリカ)に2-6,6-1,6-7 (5-7)のフルセットで敗れ、ベスト16進出とはならなかった。会見では「とてもつらい負け」と語った。

>>錦織 圭 直筆サイングッズ当たるキャンペーン実施中<<

>>ジョコビッチら 全米OP対戦表<<

今年6月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で優勝を飾った世界ランク1位のバーティは、ファーストサービスが入ったときに75パーセントの確率でポイントを獲得する。ファイナルセットの第8ゲームではサービング・フォー・ザ・マッチを迎えるも取り切れず、さらにタイブレークを落として2時間8分の熱戦の末に力尽きた。

試合後には「サービング・フォー・ザ・マッチがあって取り切れなかった。でもしかたない。見返してどこが悪かったのか反省したい」と悔しさをにじませた。

「ボールはとても遅かった。あのような感覚は初めての経験だったと思う。ロジャースが素晴らしかった。このコンディションに即座に対応して、私より上手く適応していた」

勝利したロジャースは2年連続2度目のベスト16進出。4回戦では世界ランク150位のE・ラドゥカヌ(イギリス)と対戦する。ラドゥカヌは3回戦で同41位のS・ソリベス=トルモ(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第4シードのKa・プリスコバ(チェコ)、第6シードのB・アンドレースク(カナダ)、第7シードのI・シフィオンテク(ポーランド)、第11シードのB・ベンチッチ(スイス)、第17シードのM・サッカリ(ギリシャ)らが4回戦へ駒を進めた。

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)〜9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>