ベスト4へ進出したサッカリ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は8日、女子シングルス準々決勝が行われ、第17シードのM・サッカリ(ギリシャ)が第4シードのKa・プリスコバ(チェコ)を6-4, 6-4のストレートで破り、大会初のベスト4進出を果たした。

>>ジョコビッチら 全米OP対戦表<<

>>ジョコビッチvsベレッティーニ 1ポイント速報<<

6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で四大大会初の4強入りを決めたサッカリは第1セット、フォアハンドウィナーを決めるなどして第2ゲームから3ゲームを連取。7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で準優勝を飾ったプリスコバからリードを守り、セットを先取する。

第2セットでも勢いを落とさないサッカリはドライブボレーでウィナーを決める攻撃的なプレーを続ける。いら立ちからラケットを叩きつけるプリスコバから第7ゲームをブレーク。自身はブレークポイントを握られることなく勝利し、準決勝への切符を手にした。

準決勝では世界ランク150位のE・ラドゥカヌ(イギリス)と対戦する。ラドゥカヌは準々決勝で第11シードのB・ベンチッチ(スイス)をストレートで下しての勝ち上がり。

前日の準々決勝では第2シードのA・サバレンカ(ベラルーシ)と世界ランク73位のL・フェルナンデス(カナダ)がベスト4へ駒を進めた。

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)〜9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>