金メダル獲得の国枝慎吾
画像提供:ゲッティイメージズ

ユニクロを展開するファーストリテイリンググループは9日、東京パラリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)の車いすテニス男子シングルスで、2大会ぶり3度目となる金メダルを獲得した国枝慎吾の功績をたたえ、特別報奨として1億円を支払うと発表した。

>>ジョコビッチvsズベレフ 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチら 全米OP対戦表<<

国枝はこれに対して「2009年、プロ宣言をした私に、真っ先に声をかけてくれたのがユニクロでした。それ以来、良いときも悪いときも、常に寄り添って私の車いすテニス選手としての活動を支援いただきました。必ず勝つという思いで臨んだ今回の大会で、最高の結果を出せてとてもうれしく思います。今回、特別報奨という形で最大限の評価をいただき、最初に聞いたときは震えてしまいました。本当にありがとうございます。この報奨に恥じぬよう、これからも良いパフォーマンスを継続していきたいと思っています。ユニクロから提案された、将来のパラスポーツを志す子どもたちへの支援活動は常々したいと思っていたことなので、これも本当にうれしく、楽しみです」とコメントしている。

37歳の国枝はこれまで4度出場したパラリンピックで、シングルスで金メダルを2度、ダブルスで金メダルを1度、銅メダルを2度獲得。5度目の出場となった今大会で、真田卓とのペアで臨んだダブルスでは3位決定戦で敗れてメダルを逃したものの、シングルスで2大会ぶりの金メダルを獲得し、単複合計で6つ目のメダルを手にした。

国枝慎吾が獲得したパラリンピックでのメダルは以下の通り。

【国枝慎吾 メダル一覧】
■2004年 アテネ
ダブルス:金メダル

■2008年 北京
シングルス:金メダル
ダブルス:銅メダル

■2012年 ロンドン
シングルス:金メダル

■2016年 リオデジャネイロ
ダブルス:銅メダル

■2020年 東京
シングルス:金メダル