シティOPでの内山靖崇
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのイスタンブール・チャレンジャー(トルコ/イスタンブール、ハード、ATPチャレンジャー)は14日、シングルス1回戦が行われ、第4シードの内山靖崇が世界ランク282位の守屋宏紀との日本人対決を6-3, 3-6, 6-3のフルセットで制し、初戦突破を果たした。

>>【YouTube】ヨネックス 新作「V CORE PRO」を徹底検証<ウインザー新宿店 前編><<

この試合、ファーストサービスが入った時に62パーセントの確率でポイントを獲得した内山。リターンゲームでは6度のダブルフォルトを犯した守屋から4度のブレークに成功し、2時間18分で勝利した。

勝利した内山は2回戦で世界ランク400位のC・ヘイマン(ベルギー)と対戦する。ヘイマンは1回戦で同286位のA・アルナボルディ(イタリア)を3-6, 6-2, 6-4の逆転で下しての勝ち上がり。

また、世界ランク237位の伊藤竜馬は1回戦で同295位のウー・タング・リン(台湾)に3-6, 2-6のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

同日には、第1シードのJ・ダックワース(オーストラリア)、第2シードのR・アルボット(モルドバ)、第5シードのM・ポルマンズ(オーストラリア)、第7シードのI・マルチェンコ(ウクライナ)らが2回戦に駒を進めている。

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)〜9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>