クララ・タウソン
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのBGL・BNPパリバ・ルクセンブルク・オープン(ルクセンブルク/ルクセンブルク、室内ハード、WTA250)は18日、シングルス準決勝が行われ、18歳で世界ランク70位のC・タウソン(デンマーク)が第5シードのM・ボンドロウソワ(チェコ)を6-4, 2-6, 6-4のフルセットで下し、決勝進出を果たした。

>>【YouTube】ダブルスのボレーに最適 【テニス】 ラケット「テクニファイバー TF-X1」<ウインザー新宿店 後編> <<

>>【YouTube】ヨネックス 新作「V CORE PRO」を徹底検証<ウインザー新宿店 前編><<

タウソンはこの試合、5本のサービスエースを放つなどしてファーストサービスが入ったときに71パーセントの確率でポイントを獲得。4度のブレークに成功し2時間3分の激闘を制した。

今季序盤はITFツアーに出場していたタウソンだったが、6月のリヨン・オープン(フランス/リヨン、室内ハード、WTA250)ではC・ジョルジ(イタリア)やP・バドサ(スペイン)らを破る快進撃を見せ、予選から7試合に勝利しツアー初の決勝に進出。最後はV・ゴルビッチ(スイス)にストレート勝ちをおさめ、全8試合で失セット0のまま初優勝を飾った。

ツアー2勝目をかける決勝では第3シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)と対戦する。オスタペンコは準決勝で第7シードののL・サムソノヴァ(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]男子テニスATPツアー250 メス
9/20(月・祝)〜9/26(日)
男子テニス団体戦 レーバーカップ 欧州選抜vs世界選抜
9/24(金)〜9/26(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>