(左から)柴原瑛菜と青山修子
画像提供:ゲッティイメージズ

11月に開幕する最終戦WTAファイナルズ・グアダラハラ(メキシコ、室内ハード)は20日、出場権を獲得した選手を発表し、青山修子/ 柴原瑛菜ペアがその中に含まれた。日本人のダブルス出場は、2008年に杉山愛がK・シュレボトニック(スロベニア)と組んで準決勝に進出して以来13年ぶりとなる。

>>【YouTube】ダブルスのボレーに最適 【テニス】 ラケット「テクニファイバー TF-X1」<ウインザー新宿店 後編> <<

>>【YouTube】ヨネックス 新作「V CORE PRO」を徹底検証<ウインザー新宿店 前編><<

青山/ 柴原組は今季、1月のアブダビ・WTAテニス・オープン(アラブ首長国連邦/アブダビ、ハード 、WTA500)、2月のヤラ・バレー・クラシック(オーストラリア/メルボルン、ハード、WTA500)、3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)、6月のバイキング・オープン(イギリス/ノッティンガム、芝、WTA250)、テニス・イン・ザ・ランド(アメリカ/クリーブランド、ハード、WTA250)でタイトルを獲得。

グランドスラムでは、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で8強入り、6月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でベスト4進出を果たしている。

また、シングルスでは世界ランク1位のA・バーティ(オーストラリア)、同2位のA・サバレンカ(ベラルーシ)、B・クレチコバ(チェコ)。そして、ダブルスではクレチコバとペアを組むK・シニアコバ(チェコ)が出場を決めている。

なお、メキシコのグアダラハラでの開催は今年のみとなっており、2022年から2030年までは再び中国の深圳で行われることとなっている。

[PR]男子テニスATPツアー250 メス
9/20(月・祝)〜9/26(日)
男子テニス団体戦 レーバーカップ 欧州選抜vs世界選抜
9/24(金)〜9/26(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>