全米OPでのダニエル太郎
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのブラガ・オープン(ポルトガル/ブラガ、クレー、ATPチャレンジャー)は21日、シングルス1回戦が行われ、第2シードのダニエル太郎が世界ランク331位のF・バルディ(イタリア)を6-2,4-6,6-0のフルセットで破り、初戦突破を果たした。

>>【YouTube】ダブルスのボレーに最適 【テニス】 ラケット「テクニファイバー TF-X1」<ウインザー新宿店 後編> <<

>>【YouTube】ヨネックス 新作「V CORE PRO」を徹底検証<ウインザー新宿店 前編><<

ダニエルはこの試合の第1セット、3本のダブルフォルトを犯し5度のブレークチャンスを与えるもこれをしのぐと、リターンゲームでは2度のブレークを奪い先行。第2セットでは3度のブレークを奪われセットカウント1−1に追いつかれるも、ファイナルセットは6ゲームを連取し2時間9分のタフマッチを制した。

28歳のダニエルは、7月の東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)や8月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)、その他のチャレンジャー大会を含む直近5大会連続で初戦敗退を喫していたが、今回の勝利で6月のオープン・ソプラ・ステリア・ド・リヨン(フランス/リヨン、クレー、ATPチャレンジャー)で4強入りを果たして以来 約3カ月ぶりの白星となった。

2回戦では世界ランク223位のR・ハーセ(オランダ)か同283位のR・シッド スベルビ(ドミニカ共和国)のどちらかと対戦する。

同日には第1シードのT・モンテイロ(ブラジル)、第4シードのN・ミロへビッチ(セルビア)らが2回戦へ駒を進めた。

また、日本勢では予選を勝ち抜いた世界ランク371位の内田海智が1回戦で第6シードのA ・ギアネッシ(イタリア)と対戦したが、4-6,1-6のストレートで敗れ姿を消している。

[PR]男子テニスATPツアー250 メス
9/20(月・祝)〜9/26(日)
男子テニス団体戦 レーバーカップ 欧州選抜vs世界選抜
9/24(金)〜9/26(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>