ナショナル・バンクOPのキリオス
画像提供:ゲッティイメージズ

9月24日から開幕するレーバーカップ(アメリカ/ボストン、ハード)に出場する男子テニスで世界ランク95位のN・キリオス(オーストラリア)は同大会への意気込みを明かした。

>>【YouTube】ダブルスのボレーに最適 【テニス】 ラケット「テクニファイバー TF-X1」<ウインザー新宿店 後編> <<

>>【YouTube】ヨネックス 新作「V CORE PRO」を徹底検証<ウインザー新宿店 前編><<

男子プロテニス協会のATP公式サイトにキリオスのコメントが掲載されており「今がその時だと思う。チーム・ヨーロッパのビッグ3(N・ジョコビッチ(セルビア)、R・フェデラー(スイス)、R・ナダル(スペイン))が怪我などで欠場していることを考えると、今回が最高のチャンスだと思う」と語った。

「観客も僕たちを応援してくれるだろうし、最初からエネルギーがみなぎっているだろうね」

第1回〜第3回大会に出場し、いずれもフェデラーと対戦している26歳のキリオスは「僕は普段、試合に負けてもあまり泣かないんだけど、この大会での彼(フェデラー)との試合では何度か厳しい敗戦を経験した。そのときはJ・ソック(アメリカ)が僕のそばに来て慰めてくれた。他の大会では感じることのない様々な感情が湧き上がってくるよ」と述べた。

同大会のチーム・ワールドにはキリオスに加え、世界ランク11位のF・オジェ アリアシム(カナダ)、同12位のD・シャポバロフ(カナダ)、同22位のJ・イズナー(アメリカ)、同15位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)、同位19位のR・オペルカ(アメリカ)、同164位のソックが参戦する。

対抗するチーム・ヨーロッパには、世界ランク2位のD・メドベージェフ(ロシア)、同3位のS・チチパス(ギリシャ)、同4位のA・ズベレフ(ドイツ)、同5位のA・ルブレフ(ロシア)、同7位のM・ベレッティーニ(イタリア)、同10位のC・ルード(ノルウェー)、同110位のF・ロペス(スペイン)が名を連ねている。

[PR]男子テニスATPツアー250 メス
9/20(月・祝)〜9/26(日)
男子テニス団体戦 レーバーカップ 欧州選抜vs世界選抜
9/24(金)〜9/26(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>