ナショナル・バンクOPのフルカチュ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのモゼール・オープン(フランス/メッツ、室内ハード、ATP250)は24日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのH・フルカチュ(ポーランド)が世界ランク113位のA・マレー(イギリス)を7-6 (7-4), 6-3のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。

>>【YouTube】ダブルスのボレーに最適 【テニス】 ラケット「テクニファイバー TF-X1」<ウインザー新宿店 後編> <<

>>【YouTube】ヨネックス 新作「V CORE PRO」を徹底検証<ウインザー新宿店 前編><<

この試合、13本のサービスエースを決めたフルカチュはファーストサービスが入った時に83パーセントの高い確率でポイントを獲得し、1度もブレークを許さず。リターンゲームでは1度のブレークに成功し、1時間50分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにフルカチュのコメントが掲載されており「彼(マレー)は信じられないような選手で、キャリアを通じて多くのことを成し遂げてきた。厳しい怪我から復帰し、非常に高いレベルでプレーしている。素晴らしいことだし、彼の結果に刺激を受けているよ」と語った。

「ここをとても気に入っていて、雰囲気を楽しんでいる。このサーフェスは僕に合っていると思うし、準決勝に進出できてうれしい。彼(ゴヨブジク)の最近の成績はとても良く、大きく成長しているので、面白い試合になると思う」

勝利したフルカチュは準決勝で世界ランク101位のP・ゴヨブジク(ドイツ)と対戦する。ゴヨブジクは準々決勝で同69位のM・ギロン(アメリカ)を3-6, 6-1, 6-3の逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)、第3シードのG・モンフィス(フランス)が4強入りを果たしている。

[PR]男子テニスATPツアー250 メス
9/20(月・祝)〜9/26(日)
男子テニス団体戦 レーバーカップ 欧州選抜vs世界選抜
9/24(金)〜9/26(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>