ナショナル・バンクOPのダックワース
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのアスタナ・オープン(カザフスタン/ヌルスルタン、ハード、ATP250)は24日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク65位のJ・ダックワース(オーストラリア)が第5シードのJ・ミルマン(オーストラリア)との同国対決を6-4, 6-4のストレートで制し、今季初のベスト4進出を果たした。

>>【YouTube】ダブルスのボレーに最適 【テニス】 ラケット「テクニファイバー TF-X1」<ウインザー新宿店 後編> <<

>>【YouTube】ヨネックス 新作「V CORE PRO」を徹底検証<ウインザー新宿店 前編><<

この試合、ファーストサービスが入った時に78パーセントの確率でポイントを獲得したダックワース。リターンゲームでは3度のブレークに成功し、1時間29分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにダックワースのコメントが掲載されており「彼(ミルマン)は良い選手で、僕たちは本当に良い仲間だ。同じ場所で練習しているしね。こんなに近くにいる人と対戦するのはいつも難しいことだけど、プレーに集中しなければならない。僕はとても良い試合をすることができた」と語った。

勝利したダックワースは準決勝で第8シードのI・イヴァシカ(ベラルーシ)と対戦する。イヴァシカは準々決勝で世界ランク84位のE・ルースブオリ(フィンランド)を4-6, 6-4, 6-1の逆転で下しての勝ち上がり。

同日には、第2シードのA・ブブリク(カザフスタン)、世界ランク82位のクォン・スンウ(韓国)が4強入りを果たしている。

[PR]男子テニスATPツアー250 メス
9/20(月・祝)〜9/26(日)
男子テニス団体戦 レーバーカップ 欧州選抜vs世界選抜
9/24(金)〜9/26(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>