快勝したチチパス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのレーバーカップ(アメリカ/ボストン、ハード)は25日、大会2日目が行われ、世界ランク3位のS・チチパス(ギリシャ)が同95位のN・キリオス(オーストラリア)を6-3,6-4のストレートで破り勝利した。

>>錦織vsマレー 1ポイント速報<<

>>錦織ら サンディエゴOP組み合わせ<<

レーバーカップはB・ボルグ(スウェーデン)率いるチーム・ヨーロッパとJ・マッケンロー(アメリカ)率いるチーム・ワールドが単複で3日間かけ対戦するエキシビションマッチ。大会初日の24日はシングルス3試合とダブルス1試合が行われ、チーム・ヨーロッパがシングルスで3勝。ダブルスではチーム・ワールドが1勝を返し終えていた。

大会2日目の第1試合に登場したチチパスは、ファーストサービスが入ったときに82パーセントの高い確率でポイントを獲得。6度のブレークチャンスを与えたもののこれをすべて防ぐと、リターンゲームではキリオスに8本のサービスエースを決められるなか2度のブレークに成功し、1時間26分で快勝した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはチチパスのコメントが掲載されている。

「本当に興奮したよ。まず、僕の後ろにいるチームが後押ししてくれた。彼らのエネルギーは重要だ。今日はとても満足している。この試合では、たくさんの努力とハードワークが必要だった。かなり緊張したけど、最善の方法で試合を終わらせることができた」

チチパスとキリオスの一戦のあとには世界ランク4位のA・ズベレフ(ドイツ)と同22位のJ・イズナー(アメリカ)が登場。ズベレフが7-6 (7-5),6-7 (6-8),[10-5]のフルセットで破り、チーム・ヨーロッパが5勝1敗とリードを広げた。

レーバーカップのチーム・ヨーロッパはチチパスとズベレフの他に、D・メドベージェフ(ロシア)、A・ルブレフ(ロシア)、M・ベレッティーニ(イタリア)、C・ルード(ノルウェー)、F・ロペス(スペイン)が登録。一方のチーム・ワールドはキリオス、イズナー、D・シャポバロフ(カナダ)、D・シュワルツマン(アルゼンチン)、F・オジェ アリアシム(カナダ)、R・オペルカ(アメリカ)、J・ソック(アメリカ)が参戦している。

[PR]男子テニスATPツアー250 メス
9/20(月・祝)〜9/26(日)
男子テニス団体戦 レーバーカップ 欧州選抜vs世界選抜
9/24(金)〜9/26(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>