ウィンストンセーラムOPでのペール
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)は27日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク49位のB・ペール(フランス)が第7シードのA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)を6-4,7-5のストレートで破り、初戦突破を果たした。

>>錦織vsマレー 1ポイント速報<<

>>錦織ら サンディエゴOP組み合わせ<<

この試合、ペールは11本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに73パーセントの確率でポイントを獲得。ダビドビッチ フォキナに3度のブレークを許したものの、自身はそれを上回る5度のブレークを奪い、1時間35分で勝利した。

32歳のペールにとってこの勝利は8月のウィンストン・セーラム・オープン(アメリカ/ウィンストン・セーラム、ハード、ATP250)1回戦以来 約1カ月ぶり。今季のツアーでは12勝26敗と負け越しているペールにとって大きな白星となった。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはペールのコメントが掲載されている。

「勝利を喜んでいる。簡単ではなかった。アレハンドロ(ダビドビッチ フォキナ)はとても良い選手だから自分のゲームに集中しなければならなかった。サーブをうまく使い、ベストを尽くすことが必要だった。今日はしっかりとしたプレーができてとても満足している」

2回戦では世界ランク56位のJ・ダックワース(オーストラリア)と同89位のE・ルースブオリ(フィンランド)のどちらかと対戦する。

今大会の第1シードはJ・シナー(イタリア)、第2シードはG・モンフィス(フランス)、第3シードはA・デ ミノー(オーストラリア)、第4シードはA・ブブリク(カザフスタン)。上位4シードは1回戦免除のため2回戦から登場する。

[PR]男子テニスATPツアー250 サンディエゴ
9/27(月)〜10/3(日)

男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>