全米オープンのナカシマ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのサンディエゴ・オープン(アメリカ/サンディエゴ、ハード、ATP250)は27日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク83位のB・ナカシマ(アメリカ)が同31位のF・フォニーニ(イタリア)を6-7 (5-7), 6-1, 7-5の逆転で破り、初戦突破を果たした。

>>錦織vsマレー 1ポイント速報<<

>>錦織ら サンディエゴOP組み合わせ<<

20歳のナカシマは第1セットをタイブレークの末に落とすが、第2セットでは第1・第5・第7ゲームでブレークに成功しセットカウント1−1に追いつく。ファイナルセットではファーストサービスが入ったときに79パーセントの確率でポイントを獲得。リターンゲームでは2度のブレークに成功し、2時間16分で逆転勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでナカシマのコメントを掲載しており「最初にコートに入ったときは、ホームの観客と一緒になって、とても興奮した。少し緊張したけど集中して、自分のゲームを見つけようとした。第1セットは厳しいものだったけど、最後に立て直すことができてよかった」と語った。

2回戦では第1シードのA・ルブレフ(ロシア)と対戦する。上位4シードは1回戦免除のため2回戦からの登場。

同日の1回戦では、世界ランク24位のA・カラツェフ(ロシア)と同39位のT・フリッツ(アメリカ)が2回戦へ駒を進めた。

同大会の第1シードはA・ルブレフ、第2シードはC・ルード(ノルウェー)、第3シードはF・オジェ アリアシム(カナダ)、第4シードはD・シャポバロフ(カナダ)、第5シードはH・フルカチュ(ポーランド)、第6シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第8シードはD・エヴァンス(イギリス)。

[PR]男子テニスATPツアー250 サンディエゴ
9/27(月)〜10/3(日)

男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>