全米OPのノヴァーク・ジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

10月6日から開幕するテニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は29日に公式サイトで、世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)が欠場することを発表した。

>>ルブレフら サンディエゴOP組み合わせ<<

12日に幕を閉じた全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で決勝に進出したもののD・メドベージェフ(ロシア)にストレート負けを喫し、男子で1969年のR・レーバー(オーストラリア)以来52年ぶりとなる史上3人目の「年間グランドスラム(1年で全ての四大大会制覇)」の偉業を達成できなかったジョコビッチ。

ツイッターの投稿には「インディアンウェルズのファンの皆さんにお会いできないこと、そして、僕のお気に入りの場所でプレーできないことを残念に思う。来年、お会いできることを願っている」とつづった。

34歳のジョコビッチは同大会で2008年に初優勝を果たすと、2011年に2度目の優勝。そして、2014年・2015年・2016年と3年連続でタイトルを獲得している。

[PR]男子テニスATPツアー250 サンディエゴ
9/27(月)〜10/3(日)

男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>