全米OPのオンス・ジャバー
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのシカゴ・フォール・テニスクラシック(アメリカ/シカゴ、ハード、WTA500)は1日、シングルス準々決勝が行われ、第6シードのO・ジャバー(チュニジア)が第1シードのE・スイトリナ(ウクライナ)を6-4, 6-2のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。

>>ルブレフら サンディエゴOP組み合わせ<<

この試合、ファーストサービスが入った時に72パーセントの確率でポイントを獲得したジャバー。スイトリナに12度のブレークチャンスを与えるも、1度しか許さず。リターンゲームでは4度のブレークに成功し、1時間22分で勝利した。

女子テニス協会のWTAはジャバーのコメントを掲載し「激しい試合だった。彼女(スイトリナ)とはジュニア時代からの付き合いで、私にとってはとても重要な試合だった」と語った。

「スライスやドロップショットなど自分のプレーをしようとしたが、彼女との対戦は決して簡単ではなかった。だけど、2セットで勝てたことはうれしいね」

6月のバイキング・クラシック(イギリス/バーミンガム、芝、WTA250)でキャリア初優勝を飾ったジャバーは、今大会の準決勝で第5シードのE・リバキナ(カザフスタン)と対戦する。リバキナは準々決勝の第2セット途中で第3シードのB・ベンチッチ(スイス)が膝の負傷により棄権したため、勝ち上がりを決めている。

同日には第2シードのG・ムグルサ(スペイン)、世界ランク41位のM・ボンドロウソワ(チェコ)が4強へ駒を進めた。

[PR]男子テニスATPツアー250 サンディエゴ
9/27(月)〜10/3(日)

男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>