(左から)柴原瑛菜と青山修子
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのシカゴ・フォール・テニスクラシック(アメリカ/シカゴ、ハード、WTA500)は1日、ダブルス準々決勝が行われ、第2シードの青山修子/ 柴原瑛菜組は第6シードのD・ユラク(クロアチア)/ A・クレパック(スロベニア)組に6-7 (4-7), 6-2, [9-11]のフルセットで敗れ、ベスト4進出を逃した。

>>ルブレフら サンディエゴOP組み合わせ<<

第1セットをタイブレークの末に落とした青山/ 柴原組は、第2セットではファーストサービスが入った時に90パーセントの高い確率でポイントを獲得。リターンゲームでは2度のブレークに成功し、セットカウント1−1に追いつく。しかし、スーパータイブレークでは2本のマッチポイントを活かせず、1時間28分で力尽きた。

勝利したユラク/ クレパック組は準決勝でC・ドールハイド(アメリカ)/ C・バンデウェイ(アメリカ)組と対戦する。ドールハイド/ バンダウェイ組は準々決勝で第4シードのV・クデルメトバ(ロシア)/ B・マテック=サンズ(アメリカ)組を6-2, 6-3のストレートで下しての勝ち上がり。

同日にはK・ペシュキ(チェコ共和国)/ A・ペトコビッチ(ドイツ)組が4強に駒を進めた。

[PR]男子テニスATPツアー250 サンディエゴ
9/27(月)〜10/3(日)

男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>