現地で練習を行う錦織
画像提供:ゲッティイメージズ

7日から開幕する男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)は5日に組み合わせを発表し、世界ランク52位の錦織圭は1回戦で予選勝者と対戦することとなった。

>>錦織 1回戦 1ポイント速報<<

錦織は前週のサンディエゴ・オープン(アメリカ/サンディエゴ、ハード、ATP250)にワイルドカード(主催者推薦)で出場したものの、1回戦を前に腰の負傷で棄権。今週開催されるBNPパリバ・オープンへの参戦が不安視されていたが、ドロー表に名前が記された。

この試合の勝者は2回戦で第18シードのD・エヴァンス(イギリス)と対戦する。今大会シード勢は1回戦免除のためエヴァンスは2回戦が初戦となる。

錦織は同大会にこれまで10度出場。最高成績は2016年と2017年に記録したベスト8となっている。

日本勢では錦織の他に世界ランク73位の西岡良仁と同123位のダニエル太郎が本戦に出場。西岡は1回戦で同44位のF・デルボニス(アルゼンチン)と、ダニエルは同107位のP・コールシュライバー(ドイツ)と対戦することが決まった。

今大会のシードは以下の通り。(シード勢は1回戦免除のため、2回戦が初戦)

第1シード:D・メドベージェフ(ロシア)
第2シード:S・チチパス(ギリシャ)
第3シード:A・ズベレフ(ドイツ)
第4シード:A・ルブレフ(ロシア)
第5シード:M・ベレッティーニ(イタリア)
第6シード:C・ルード(ノルウェー)
第7シード:F・オジェ アリアシム(カナダ)
第8シード:H・フルカチュ(ポーランド)
第9シード:D・シャポバロフ(カナダ)
第10シード:J・シナー(イタリア)
第11シード:D・シュワルツマン(アルゼンチン)
第12シード:P・カレノ=ブスタ(スペイン)
第13シード:C・ガリン(チリ)
第14シード:G・モンフィス(フランス)
第15シード:R・バウティスタ=アグ(スペイン)
第16シード:R・オペルカ(アメリカ)

第17シード:L・ソネゴ(イタリア)
第18シード:D・エヴァンス
第19シード:A・カラツェフ(ロシア)
第20シード:J・イズナー(アメリカ)
第21シード:C・ノリー(イギリス)
第22シード:A・デ ミノー(オーストラリア)
第23シード:G・ディミトロフ(ブルガリア)
第24シード:K・ハチャノフ(ロシア)
第25シード:F・フォニーニ(イタリア)
第26シード:L・ハリス(南アフリカ)
第27シード:F・クライノビッチ(セルビア)
第28シード:D・ラヨビッチ(セルビア)
第29シード:N・バシラシヴィリ(ジョージア)
第30シード:C・アルカラス(スペイン)
第31シード:T・フリッツ(アメリカ)
第32シード:S・コルダ(アメリカ)。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>