(左から)メドベージェフとチチパス
画像提供:ゲッティイメージズ

7日から開幕する男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)は5日に組み合わせを発表し、第1シードのD・メドベージェフ(ロシア)らを含めた出場選手のドローが決定した。

>>錦織らBNPパリバOP組み合せ<<

>>土居、日比野らBNPパリバOP組み合わせ<<

今大会は32シードまでが設定されており、シードの32選手すべてが1回戦免除のため2回戦から登場する。

また、過去同大会を制した経験のある世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)や同6位のR・ナダル(スペイン)、同9位のR・フェデラー(スイス)、そして前回覇者のD・ティーム(オーストリア)と前々回王者のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)が欠場しているため、今大会は出場選手の誰が優勝しても初めてBNPパリバ・オープンのタイトルを獲得することになる。

9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初制覇を成し遂げた25歳のメドベージェフは、これまで同大会に3度出場しているものの、最高成績は2018年と2019年に記録した3回戦進出。今年は初戦の2回戦で世界ランク55位のJ・ダックワース(オーストラリア)と同57位のM・マクドナルド(アメリカ)のどちらかと対戦することが決まった。

一方、第2シードとして出場するS・チチパス(ギリシャ)はこれまで参加した2度のBNPパリバ・オープンでわずか1勝しかあげておらず、前回大会である2019年は初戦でF・オジェ アリアシム(カナダ)にストレート負けを喫している。今大会は初戦の2回戦で世界ランク61位のP・マルティネス(スペイン)と予選勝者のどちらかと顔を合わせることとなった。

その他日本勢では世界ランク52位の錦織圭、同73位の西岡良仁、同123位のダニエル太郎が本戦に出場する。

BNPパリバ・オープンのシードは以下の通り。(シード勢は1回戦免除のため、2回戦が初戦)

第1シード:D・メドベージェフ
第2シード:S・チチパス
第3シード:A・ズベレフ(ドイツ)
第4シード:A・ルブレフ(ロシア)
第5シード:M・ベレッティーニ(イタリア)
第6シード:C・ルード(ノルウェー)
第7シード:F・オジェ アリアシム
第8シード:H・フルカチュ(ポーランド)
第9シード:D・シャポバロフ(カナダ)
第10シード:J・シナー(イタリア)
第11シード:D・シュワルツマン(アルゼンチン)
第12シード:P・カレノ=ブスタ(スペイン)
第13シード:C・ガリン(チリ)
第14シード:G・モンフィス(フランス)
第15シード:R・バウティスタ=アグ(スペイン)
第16シード:R・オペルカ(アメリカ)

第17シード:L・ソネゴ(イタリア)
第18シード:D・エヴァンス(イギリス)
第19シード:A・カラツェフ(ロシア)
第20シード:J・イズナー(アメリカ)
第21シード:C・ノリー(イギリス)
第22シード:A・デ ミノー(オーストラリア)
第23シード:G・ディミトロフ(ブルガリア)
第24シード:K・ハチャノフ(ロシア)
第25シード:F・フォニーニ(イタリア)
第26シード:L・ハリス(南アフリカ)
第27シード:F・クライノビッチ(セルビア)
第28シード:D・ラヨビッチ(セルビア)
第29シード:N・バシラシヴィリ(ジョージア)
第30シード:C・アルカラス(スペイン)
第31シード:T・フリッツ(アメリカ)
第32シード:S・コルダ(アメリカ)

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>