サーブを打つイボ・カルロビッチ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は5日、予選1回戦が行われ、第23シードのI・カルロビッチ(クロアチア)が世界ランク231位のB・シュナー(カナダ)を4-6, 7-6 (7-5), 7-6 (9-7)の逆転で破り、本戦入りに王手をかけた。

>>錦織らBNPパリバOP組み合せ<<

>>土居、日比野らBNPパリバOP組み合わせ<<

42歳で世界ランク200位のカルロビッチはこの試合、2度のブレークを許し第1セットを落とすも、第2・ファイナルセットでは強烈なサービスを武器にブレークを許さないプレーを披露。2度のタイブレークを制して、接戦の末2時間33分で勝利した。

また、この試合でカルロビッチは7本のダブルフォルトを犯したものの22本ものサービスエースを記録している。

予選決勝では第11シードのE・ゴメス(エクアドル)と対戦する。ゴメスは予選1回戦で世界ランク358位のA・コバチェビッチ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の予選1回戦では、第1シードのB・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)、第4シードのM・クレッシー(アメリカ)、第5シードのM・ククシュキン(カザフスタン)、第6シードのE・ドンスコイ(ロシア)らが予選決勝へ駒を進めた。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>