18歳の望月慎太郎
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA100
0)は5日、シングルス予選1回戦が行われ、世界ランク399位の望月慎太郎が予選第22シードのR・オリーヴォ(アルゼンチン)に3-6,2-6のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

>>錦織ら BNPパリバOP組み合わせ<<

>>錦織 1回戦 1ポイント速報<<

2試合に勝利すれば本戦入りが決まるこの予選。6本のダブルフォルトを犯すなどサービスが安定しない18歳の望月は、ファーストサービスが入ったときに47パーセントの確率でしかポイントを獲得できずに苦戦。サービスゲームではオリーヴォに5度のブレークを許し1時間24分で力尽きた。

勝利したオリーヴォは、予選決勝で世界ランク152位のF・ガイオ(イタリア)と同281位のA・アルナボルディ(イタリア)の勝者と対戦する。

また、同日には世界ランク288位の守屋宏紀が予選第4シードのM・クレッシー(アメリカ)と対戦したが、4-6,6-4,3-6のフルセットで敗れ姿を消した。

7日に開幕する本戦には世界ランク53位の錦織圭、同75位の西岡良仁、同123位のダニエル太郎が出場予定。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>