(左から)柴原瑛菜と青山修子
画像提供:ゲッティイメージズ

6日から開幕する女子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)は5日に組み合わせを発表。青山修子/ 柴原瑛菜組は第3シードとして出場し、1回戦でS・ミルザ(インド)/ ザン・シュアイ(中国)組と対戦する。

>>土居本玉ら BNPパリバOP組み合わせ<<

>>錦織 1回戦 1ポイント速報<<

前週のシカゴ・フォール・テニスクラシック(アメリカ/シカゴ、ハード、WTA500)では準々決勝で敗れた青山/ 柴原組。青山は2014年から2019年までBNPパリバに5年連続で出場していた一方で、柴原は今大会が初出場となる。

今季、青山/ 柴原組は1月のアブダビ・WTAテニス・オープン(アラブ首長国連邦/アブダビ、ハード 、WTA500)、2月のヤラ・バレー・クラシック(オーストラリア/メルボルン、ハード、WTA500)、3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)、6月のバイキング・オープン(イギリス/ノッティンガム、芝、WTA250)、8月のテニス・イン・ザ・ランド(アメリカ/クリーブランド、ハード、WTA250)でタイトルを獲得。

グランドスラムでは、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で8強入り、6月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でベスト4進出。11月に開幕する最終戦WTAファイナルズ・グアダラハラ(メキシコ、室内ハード)出場も決めている。

日本勢では青山/ 柴原組の他にA・ロソルスカ(ポーランド)とペアを組んだ日比野菜緒、S・サンタマリア(アメリカ)とペアを組んだ二宮真琴が名を連ねている。

今大会の第1シードはB・クレチコバ(チェコ)/ K・シニアコバ(チェコ)組、第2シードはシェ・シュウェイ(台湾)/ E・メルテンス(ベルギー)組、第4シードはA・グアラチ(チリ)/ D・クラウチェク(アメリカ)組、第5シードはN・メリチャー(アメリカ)/ D・シヒュース(オランダ)組、第6シードはH・カーター(アメリカ)/ G・ダブロウスキ(カナダ)組、第7シードはD・ユラク(クロアチア)/ A・クレパック(スロベニア)組、第8シードはS・フィッチマン(カナダ)/ G・オルモス(メキシコ)組。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>