本玉真唯
画像提供:島津製作所

テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)は6日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク161位の本玉真唯は同63位のJ・パオリーニ(イタリア)に0-6, 6-3, 2-6のフルセットで敗れ、2回戦進出とはならなかった。

>>錦織ら BNPパリバOP組み合わせ<<

>>錦織 1回戦 1ポイント速報<<

予選を勝ち抜き、初の「WTA1000」本戦入りを果たした本玉。第1セットはパリオー二のストロークに圧倒されて25分で先取される。

続く第2セット、互いにサービスゲームをキープする展開になると、本玉は第7ゲームで初のブレークに成功する。そこから2ゲームを連取してセットを取り返し、セットカウント1−1に追いつく。

ファイナルセットで本玉は第3ゲームでサービスゲームを落とす。さらにパオリーニにフォアハンドウィナーを決められて第5ゲームもブレークされてリードを広げられる。そのまま挽回できずに敗退した。

本玉は前週のシカゴ・フォール・テニスクラシック(アメリカ/シカゴ、ハード、WTA500)でS・ロジャース(アメリカ)らを下してツアーは初の8強入りを果たしていた。

勝利したパリオー二は2回戦で第14シードのE・メルテンス(ベルギー)と顔を合わせる。今大会はシード勢が1回戦免除のためメルテンスは2回戦からの登場。

同日の1回戦では世界ランク43位のY・プチンセワ(カザフスタン)、同54位のM・リネッタ(ポーランド)、同61位のI・C・ベグ(ルーマニア)、同73位のS・スティーブンス(アメリカ)、同109位の土居美咲らが2回戦へ駒を進めた。

[PR] 男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)
WOWOWオンデマンドで配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>