イボ・カルロビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は6日、予選決勝が行われ、第23シードのI・カルロビッチ(クロアチア)は第11シードのE・ゴメス(エクアドル)に3-6, 6-7 (7-9)のストレートで敗れ、本戦出場とはならなかった。

>>錦織vsソウサ 1ポイント速報<<

>>錦織ら BNPパリバOP組み合わせ<<

42歳で元世界ランク14位のカルロビッチはこの試合、12本のサービスエースを放ってファーストサービスが入ったときに88パーセントの高い確率でポイントを獲得する。しかし1度もブレークをすることができず1時間31分で敗退した。

勝利したゴメスは本戦1回戦で世界ランク74位のF・バグニス(アルゼンチン)と対戦する。

今大会の第1シードはD・メドベージェフ(ロシア)、第2シードはS・チチパス(ギリシャ)、第3シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第4シードはA・ルブレフ(ロシア)、第5シードはM・ベレッティーニ(イタリア)、第6シードはC・ルード(ノルウェー)、第7シードはF・オジェ アリアシム(カナダ)、第8シードはH・フルカチュ(ポーランド)。シード勢は1回戦免除のため、2回戦からの登場。

[PR] 男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)
WOWOWオンデマンドで配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>