初戦突破を果たした錦織(画像は全米OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は7日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク53位の錦織圭が同182位のJ・ソウサ(ポルトガル)を6-7 (5-7),6-3,6-2の逆転で破り、初戦突破を果たした。

>>錦織vsエヴァンス 1ポイント速報<<

>>錦織らBNPパリバOP組み合せ<<

前週のサンディエゴ・オープン(アメリカ/サンディエゴ、ハード、ATP250)を腰の負傷のため棄権していた錦織。この試合は全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)以来 約1カ月ぶりの公式戦となった。

この日、錦織は序盤からロングラリーを制し主導権を握るとフォアハンドウィナーを放ち第1ゲームでブレークに成功。サービスゲームではベースラインから下がることをせずに攻め立てると、ネットプレーなども織り交ぜながらキープを続ける。

しかし、第8ゲームではスマッシュを決められるなど先行を許すと、最後はバックハンドがアウトになりブレークされタイブレークに突入。タイブレークでは、錦織がフォアハンドのミスを重ねると最後はソウサに振り切られ1時間で第1セットを落とした。

第2セット、勢いに乗るソウサに流れを掴まれた錦織はサービスエースを決められるなどリターンでチャンスを作れずに苦戦。自身のサービスゲームでは第1セットに続きフォアハンドのミスを連発し、第3ゲームで強烈なリターンを決められ先にブレークを許す。それでも、第4ゲームでブレークバックに成功すると流れは再び錦織へ。第8ゲームではソウサのミスを誘い出し先行するとスマッシュなどを決めブレークしセットカウント1−1に追いついた。

ファイナルセット、錦織はストローク戦を制し第1ゲームでブレークに成功すると、フラストレーションを溜めるソウサを引き離し3ゲームを連取。第4ゲームで1度ブレークされたものの、第5ゲームで再びブレークを奪った錦織が予選2試合を勝ち抜いてきたソウサに逆転勝ちをおさめ初戦突破を決めた。

2回戦では第18シードのD・エヴァンス(イギリス)と対戦する。今大会はシード勢が1回戦免除のためエヴァンスはこの試合が初戦となる。

同日には世界ランク123位のダニエル太郎が同107位のP・コールシュライバー(ドイツ)と顔を合わせ、6-2,6-4のストレートで破り2回戦進出を果たした。

その他の日本勢では世界ランク75位の西岡良仁が本戦に参加しており、1回戦で同44位のF・デルボニス(アルゼンチン)と対戦することが決まっている。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>