初戦突破を果たした西岡(画像は全米OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP100 0)は8日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク75位の西岡良仁が同44位のF・デルボニス(アルゼンチン)を6-3,3-6,7-6 (7-2)のフルセットで破り、初戦突破を果たした。

>>錦織、西岡ら BNPパリバOP組み合わせ<<

>>錦織VSエヴァンス 1ポイント速報<<

西岡はこの日の第1セット、ファーストサービスが入ったときに76パーセントの確率でポイントを獲得するなどデルボニスにブレークを許すことなく先行。第2セットでは2度のブレークを奪われセットカウント1−1に追いつかれるも、ファイナルセットのタイブレークでは3度のミニブレークに成功し3ポイントを連取するなど終始主導権を握り、2時間17分の熱戦を制した。

2017年と2019年の同大会でベスト16に進出経験のある西岡。今大会の2回戦では第20シードのJ・イズナー(アメリカ)と対戦する。上位シード勢は1回戦免除のため、イズナーはこの試合が初戦となる。

また、本戦に出場した日本勢では世界ランク53位の錦織圭、同123位のダニエル太郎も1回戦を突破しているため、参加した3選手すべてが2回戦へ駒を進めることとなった。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>