(左から)錦織とエヴァンス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は9日、世界ランク53位の錦織圭と第18シードのD・エヴァンス(イギリス)のシングルス2回戦が行われ、錦織は6-4, 3-6, 4-6のフルセットで敗れた。

>>錦織VSエヴァンス 1ポイント速報<<

>>錦織ら BNPパリバOP組み合わせ<<

両者は5度目の顔合わせで錦織の3勝1敗。最後に対戦したのは昨年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)1回戦で、そのときは錦織がフルセットで勝利した。錦織が唯一敗北を喫したのは2013年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)1回戦となっている。

錦織は今大会、1回戦で世界ランク182位のJ・ソウサ(ポルトガル)をフルセットで下しての勝ち上がり。一方、シード勢は1回戦が免除のためエヴァンスはこの試合が初戦となる。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>