2回戦で敗れたダニエル太郎
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は9日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク123位のダニエル太郎は第16シードのR・オペルカ(アメリカ)に5-7,3-6のストレートで敗れ、3回戦進出とはならなかった。

>>西岡 良仁ら BNPパリバOP組み合わせ<<

この試合、ダニエルはビッグサーバーのオペルカに11本のサービスエースを決められるなどリターンで苦戦。ブレークチャンスを1度も握ることができずにいると、自身のサービスゲームでは2度のブレークを許し、1時間29分で敗れた。

2018年の同大会ではN・ジョコビッチ(セルビア)らを破り3回戦に進出しているダニエルだったが、今大会は2回戦で姿を消すこととなった。

勝利したオペルカは3回戦で、第23シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)と世界ランク114位のD・アルトマイアー(ドイツ)のどちらかと対戦する。

同日には、世界ランク53位の錦織圭が第18シードのD・エヴァンス(イギリス)と2回戦を戦ったが、逆転で敗れ敗退している。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>