サンディエゴOPのルブレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は9日、シングルス2回戦が行われ、第4シードのA・ルブレフ(ロシア)が世界ランク116位のC・タベルネル (スペイン) を6-3,6-4のストレートで破り、初戦突破を果たした。試合後には「今日の試合は本当に楽しかったし、これからも続けていきたい」と振り返った。

>>西岡 良仁、エヴァンスら BNPパリバOP組み合わせ<<

>>プリスコバら BNPパリバOP組み合わせ<<

シード勢は1回戦免除のためこの試合が初戦となったルブレフは、ファーストサービスが入った時に73パーセントの確率でポイントを獲得。リターンゲームでは3度のブレークに成功し、1時間36分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにルブレフのコメントを掲載。第5試合に組まれたため、21時頃に開催された試合に関して次のように語った。

「ウィナーを打つのはとても大変で、15時や16時の練習の時と比べても大きな違いがある。でも、これはこのスポーツの一部だよ」

また、ルブレフは「自分は大きく成長したと思っているし、世界ランク5位であれば明らかに成長しているはずだ。願わくば、すべての技術を向上させ、さらにフィジカル面とメンタル面も向上させて、よりいい選手になりたいと思う」と述べた。

勝利したルブレフは3回戦で世界ランク60位のT・ポール(アメリカ)と対戦する。ポールは2回戦で第28シードのD・ラヨビッチ(セルビア)を6-2, 6-3のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には、第1シードのD・メドベージェフ(ロシア)、第6シードのC・ルード(ノルウェー)、第8シードのH・フルカチュ(ポーランド)、第9シードのD・シャポバロフ(カナダ)、第11シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)らが3回戦へ駒を進めた。

一方で、世界ランク53位の錦織圭、同123位のダニエル太郎の日本人2選手は2回戦敗退となった。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)〜10/17(日)
WOWOWオンデマンドで配信!
■放送&配信スケジュールはこちら>